Sundance Institute Directors Lab 1: Getting Started – Japanese Subtitle

サンダンスが開催する映画学校。
そこに集まるのは世界中から選ばれた若き映像作家達8名。
第一回はイントロダクションです。

# Japanese English
1 Honda
The Power of Dreams
2 HONDA提供
サンダンス・ディレクターズ・ラボ
presents
Sundance Institute Directors Lab Series
3 Watch until August 31 in The YouTube Screening Room
4 youtube.com/screeningroom
5 29年間、毎年7月に… Every June for 29 years …
6 ある場所に、世界中から映像作家が集まる filmmakers from around the world have gathered in one special place.
7 2009年は3000を超える脚本の応募が Over 3,000 scripts were submitted in 2009.
8 そして8人が選ばれた 8 filmmakers were chosen.
9 彼らは何を学んだのだろう Watch what they learned.
10 ユタ州プロヴォキャニオン
サンダンス・リゾート
Sundance Resort
Provo Canyon, Utah
11 皆さん揃いましたね、ようこそ私はシェル・サッター
(1日目:オリエンテーション)
I think we’re all here for now
Um welcome, I’m Chel Satter
Day 1: Directors Lab Orientation
12 このプログラムの監督です and I’m the director of the future film program.
13 アレハンドロ・ランデスです
「ポルフィリオ」という作品に取り組んでます
I’m Alejandro Landes and I’m working on a project called “Porfirio”
14 アレハンドロ・ランデス『ポルフィリオ』
コロンビア、ボゴタ出身
Alejandro Landes, “Porfirio”
Lab Fellow: Bogota, Columbia
15 僕の作品は『ストーリー・オブ・ラム』と言います
1年生です
My project is called “The Story of Ram” and its also my first year
16 リテシュ・バトラ『ストーリー・オブ・ラム』
インド、ボンベイ出身
Ritesh Batra, “The Story of Ram”
Lab Fellow: Bombay, India
17 サリー・ホサイニです、ロンドンから来ました
わくわくしてます
I’m Sally El Hosaini, I come from London, My project is called “My Brother The Devil” and I’m really excited to be here
18 サリー・エル・ホサイニ『マイ・ブラザー・ザ・デビル』
イギリス、ロンドン出身

Sally El Hosaini, “My Brother The Devil”
Lab Fellow: London, England

19 エルジン・ジェームズです
ボストン出身だけど、今はLAに住んでいます
I’m Elgin James, Boston originally but now live in LA and my project is “Goodnight Moon”
20 エルジン・ジェームズ『グッドナイト・ムーン』
アメリカ、ボストン出身
Elgin James, “Goodnight Moon”
Lab Fellow: boston,

MA

21 こんにちは!ジョナサン・ワイソキと言います
作品は『オール・フォール・ダウン』です
Hello, my name is Jonathan Wysocki, and my project is “All Fall Down”
22 ジョナサン・ワイソキ『オール・フォール・ダウン』
アメリカ、ロサンゼルス出身
Jonathan Wysocki, “All Fall Down”
Lab Fellow: Los Angeles, CA
23 興奮してピタピタ・パンツだ!もう待てないよ I am peter pants excited so I just can’t wait to get in there
24 素晴らしい体験になるはず
ありがとう
and get going and it’s gonna be awesome, so thank you.
25 ここでは失敗は大歓迎です This is a place where we actually embrace failure.
26 発見や習得の過程には失敗が必要ですから and embrace failure because thats part of the discovery process and the learning process.
27 「かわいい犬小屋だ…」 Interior hud puppy’s house
28 「アンテナから伸びる黒いケーブルが交響曲を奏でる…」 The black cable from the antenna
of brim snakes passed the radio that emits a symphony

29 「ママみたいに、見事に料理できない…」 mama presses the flow back down
here **
I can’t cook like this
30 「でもオサマは怖い、ハロウィーンだし…」 but Osama’s scary and it’s Halloween
31 「ちゃんと食え、さもないとキチガイエスキモー…」 and I’ll make sure that you ate two strakes because you know my songs gonna be a crazy mother fucking eskimo
32 「そこで入り口まで早足で…」 and they trot towards the entrance
33 あるシーンだ That’s one scene
34 ディレクターズ・ラボ
第1話:始めよう
Directors Lab Sereis
Episode 1: Getting Started
35 1981年に始まって、ディレクターズ・ラボは7月に開催する事に in 1981 the first program of the institute was launched it was set June directors lab (Voice of Michelle Satter – Director, Feature Film Program)
36 それ以来、この1ヶ月に及ぶプログラムは続いてる and it was a month long program which continues to this day with this similar mission,
37 製作の場を提供して
アーティストの育成を目的としてるわ
and the mission is to provide the place for artists development by working on a very specific project
38 純粋で個人的な作品が求められていたが
アメリカの監督達は乗ってこなかった
There was a hunger for something more honest and personal but American Film makers were not encouraged
39 彼らは自分を出さなかった、そこでサンダンスを作る事にした
(ミゲル・アルテタ – クリエイティブアドバイザー)
to have that kind of a personal voice and in some ways creating the sundance institute (Miguel Arteta -Creative Advisor)
40 アメリカのアーティストを啓蒙するために promoted American artists to start doing that
41 みな自分のために来て、よく学び…
(スタンレー・トゥッチ – クリエイティブアドバイザー)
I think all the advisors say that for selfish reasons because they learn as much about (Stanley Tucci -Creative Advisor)
42 自分の映画を理解してもらうことも学ぶ film as they hope they are imparting to the fellows.
43 他の監督のセットで3時間くらい、演技指導を手伝ったりする
(ティム・ブレイク・ネルソン – クリエイティブアドバイザー)
On a given day and the span of three hours, you might be on someone’s set, (Tim Blake Nelson -Creative Advisor)
44 かと思えば、構図と格闘する監督のセットを訪れたり helping a fellow work with actors and then you might go to another set where what the fellow needs is to understand framing and composition.
45 そして1時間後には、編集室で言葉の編集について議論したり And then in the next hour, you are in an editing room talking about the language of building a scene editorially.
46 結果的に、みな劇的に成長する The result is usually a spectacular jump that they made in understanding
47 そして自分の映像表現を知り、その使い方を知る what is their own cinematic language and how they can use it.
48 アーティストとしての自分の製作の流れを身につけられる It’s more about getting yourself into some kind of flow as a film maker or an artist
49 議論ができて、その瞬間を感じて、製作の環境に浸れる being able to ask for a question, being able to be alive in the moment, being able to notice the environment your in,
50 そして与えられた時間の中で、製作に入り込む
(ブラデン・キング – 2008年参加)
and apply all of those things to whatever you happen to be making at any given time
51 つまり、ここで得るインスピレーションは驚きだ In that sense, being here at the director’s lab has been incredibly inspiring.
52 得るものが無いと言って、去った者は一人も居ない
(ギュラ・ガドザグ – 芸術監督)
No one ever leaves here feeling that I owe the gave and I didn’t receive anything (Gyula Gadzag -Artistic Director, Directors Lab)
53 皆なにかを得て行く everybody gets something out of it
54 ここには製作行程を共有する機会がある and the lab provides an opportunity to reconnect the decraft of film making
55 そして、普段はできないアイディアの交換ができる and also to exchange ideas that craft that usually people don’t have a chance to do
56 レッドフォード氏が思い描いた通りのことが行われている
(リチャード・モントーヤの声 – 2008年参加)
It surely does what Mr Etford planned to do you know,
57 新たなアーティストに何かを与えようという思想がある it keeps giving back to new film makers and each of us leave with a little bit of that sense of responsibility that we also must give back (Voice of Richard Montoya 2008 Lab Fellow)
58 次回:第2話 Next on episode 2
59 ここみたいにアートや創造性のかけらもない所で育った I come from a life where arts and creativity aren’t as embrace as they are here in the sundance mountain
60 ある意味、こういう仲間を探してきた You know, I’ve looked for my like some sort of family and finding it somewhere and then
61 そして、不思議な事に、ユタの山中で見つかった being able to find that in a different place now you know in the mountains of Utah strange enough
62 「見つけられた」の方がしっくり来る or being found, which is even better
63 つづく To be continued…

One thought on “Sundance Institute Directors Lab 1: Getting Started – Japanese Subtitle

  1. Pingback: Sundance Institute Directors Lab 2: First-Time Filmmakers – Japanese Subtitle | Jimac Blog