What’s New in After Effects CS6 – Japanese Subtitle

フィルムメイキングに関してサンダンスの映像などを紹介しているので、
アドビのCS6の新機能についても翻訳してみました。
まだ使っていませんが、一般的な価格のコンピューターでできることが拡がって来たのではないでしょうか。

# Japanese English
1 やあ、ジェイソン・レヴィンです
アドビの映像製品の伝道師です
Hi, I’m Jason Levine, Principal of Worldwide Evangelist for Adobe’s video and audio tool
2 今日はアフターエフェクトCS6の
新機能を紹介します
and today I’m going to talk about some of the new features on After Effects CS6
3 パフォーマンスや操作性の向上
がたくさんありますよ
and there has been a lot down to really improve the performance and experience inside the application
4 まず最初の特色は64ビット用に
進化したパフォーマンスです
and the first feature that really deals to re-create is that there is a true 64 bit performance revolution
5 「グローバル・パフォーマンス・キャッシュ(GPC)」
と言います
it’s something called a Global Performance Cache
6 GPCには三つの要素があります now, Global Performance Cache is actually made of 3 separate elements
7 「グローバル・ラム・キャッシュ(GRC)」
「パーシスタント・ディスク・キャッシュ(PDC)」
「ニュー・グラフィクス・パイプライン(NGP)」です
A Global RAM Cache, A Persistent Disk Cache and A New Graphics Pipeline
8 要するに、既にキャッシュしたフレームを
再描画せずに呼び出せるというものです
but basically what it does is that allows you to reuse previously cached frames, without having to re-render
9 コンポジションパネルを見てみましょう So, if we take a look at the composition panel we have down here
10 いつもの緑のラインがあって
ラムプレビューはこんな感じです
you will see we have the familiar green line, if I go ahead RAM preview this you can see what this looks like
11 リアルタイムで再生されます and again, it’s playing in real time
12 エフェクトに変更などを加えてみましょう now if I wanted to make a change to something, like the levels of effect we have set here,
13 真ん中のトーンを掴んで I could come in here and grab the mid tones
14 調整します and make an adjustment,
15 緑のラインが消えますね and of course the green line goes away
16 再びラム・プレビューしてみます so I would begin to re-RAM preview this
17 これまでは、先ほどのフレームを再生するには
再キャッシュしなくてはなりませんでした
now, previously it would have to re-preview and re-cache all of the frames for all of the effects that have been implied
18 しかしGPCがあれば but now with global performance cache,
19 変更した部分だけ
再キャッシュすれば良いのです
it’s only re-caching new frames for anything that was changed
20 エフェクトの一部だけ再キャッシュすれば良いので
早く作業ができます
so for instance, it’s only re-caching the frames on that levels of effect, not everything else which allows me to work that much more quickly
21 すでにリアルタイムプレビューが
できます
you can see already we’re back to realtime preview
22 しかもアンドゥーできます now, if I don’t like that, I can undo it
23 そこでもいままでは、プレビューには
再キャッシュが必要でした
and again, previously we had to re-cache and re-preview everything else again
24 今回はアンドゥーしても緑のラインは残っています
RAMに残っているからです
now I wanna undo I still have my green bar, because it’s pulling those same cache frames from RAM
25 待ち時間も、面倒もありません no waiting around, no messing about
26 考えられる最速の作業スピードです it’s just there, allow me to truly work as fast as I can think
27 さらにすごいのは、プロジェクトを閉じたときです now even cooler, what happens are by actually exit this project
28 やってみましょう let’s go ahead and do that, I’m gonna close the project here
29 メモリを消去して、再び開きます let’s go ahead and purge all memory, and re-open it
30 ここでお見せするのは
パーシスタント・ディスク・キャッシュ(PDC)の機能です
because this is now going to showcase, the persistent disk cache option that we have
31 コンポジション・パネルには青いラインが
見えますね
so you’ll notice now inside the composition panel we have a blue line
32 これらのフレームがディスクに保存されている
ことを示しています
this is indicating that these frames has been located on disk
33 スペースバーを叩くと so now I wanna hit the space bar,
34 ディスクからラムへ展開して、今までのように
再描画を待たずに、プレビューすることができます
it’s poling those from disk, put them into RAM allow me to again, play this back that much more quickly without having to wait for everything to re-render over and over again
35 これはパフォーマンス革命です
作業環境が向上する事でしょう
it’s truly a performance revolution, and it really changes the way you work inside the application
36 そしてニュー・グラフィクス・パイプライン(NGP)です now the other element of this is of course is the newer graphics pipeline
37 要するに、これはグラフィックカード上の
OpenGLとの連携です
and essentially what it does is just better harnessing the OpenGL on your graphics card
38 効果のレイヤーがある場合などに
飛躍的なスピードを提供します
for faster interactivity, more responsiveness especially when dealing with things like layers with graphical overlays
39 「バウンディングボックス」や「マスク」
「モーショントラッカーポイント」などです
things that have bounding boxes or masks or motion tracker points
40 ブラシのサイズ調節などの時にも
スピーディに作業できます
even interactions like making brush size adjustments, these are all accelerated
41 作業環境が大幅に変わるでしょう and it’s really going to just change the way you work inside of after effects
42 以前のアフターエフェクトで3D機能が
いくつか追加されました
now in the previous version of after effects, we introduced some new features dealing with 3D
43 CS6では3Dカメラトラッカーが
自動的に動きを解析します
well, in CS6, we now have 3D camera tracker which automatically analyze motion present in 2D footage
44 右クリックして行くだけで3Dのカメラと
トラッキングポイントを自動的に追加してくれます
and automatically create a 3D camera and overlay 3D tracking points right on top of your 2D footage with a simple right click operation
45 ではGPCを使ったプロジェクトを
見てみましょう
so if you take a look at the piece that you have here once again in your CR global performance cache
46 青と緑のラインが機能してます how it would work here in blue and green line combination here
47 オブジェクトかテキストかバナーを
車の上に配置したいと思います
what we like to do is actually parent something like some text or object or a banner to the top of that car
48 これまでは時間がかかり、苦痛が伴う作業でした now to do that previously, was a fairly long, fairly painful process
49 特に、本当に3Dに見せるために
角度を調整するときなどです
especially if you actually want to create true looking 3D motion where it grows over time and maintain that perspective
50 CS6ではそれが簡単です now it’s very very easy inside of CS6
51 このDPXシーケンスを見てみましょう I can take these DPX sequences that we have here
52 右クリックで「トラックカメラ」を選びます I can right click and I can choose to track camera
53 これはCS6の他のプロセスと同じように and much like several other processes in after effects CS6
54 バックグラウンドで解析を行っています this is a background process, it’s it’s analyzing in the background
55 つまりこの間に他のファイルやアプリケーションで
作業していても進行するものです
which of course means that I can go to the other compositions or other applications and keep working and it’s going to keep processing
56 CS6ではすべてが作業の効率化のために
設計されています
all in the effort to really optimize and speed up the workflow when you’re working in after effects cs6
57 解析が完了すると、3Dトラッカーポイントが
ビデオ上に表れます
so once the analysis is done, what we are going to end up with are series of 3D tracker points on top of the footage which we can see here
58 再生してみましょう so if I go ahead and play this back
59 カメラトラッカーエフェクトを選びます let’s go ahead and select the camera tracker effect here
60 車の上にポイントが見えますね now you can see, all these points actually on the car
61 するとこの中からオブジェクトやテキストに使うための
ポイントを複数選ぶ事ができます
now we have the ability to choose the series of points that really represent that plane that we want the parent or object or text too
62 カーソルを動かすと、調整できる点が
見えますね
so I can come over here and noticed that I move my cursor around, you get the ~~ target we can adjust
63 サイズなどを選べます
これは23に落としましょう
the target size, let’s shrink this down to around 23
64 自分用のポイントを選ぶ事もできます and I can either have it select points for me
65 手動でポイントを選ぶ事もできます
このポイントのように
or I can manually choose these series of points, like this one here
66 そしてここと this one here
67 ここです and this one here,
68 向きはかなり正確に見えます and not actually looks to be in, pretty much the right perspective
69 そこで右クリックすると、選択肢が
「テキストとカメラを作る」
so I can right click on this now I have the option to create text and camera
70 「ソリッドとカメラを作る」
「カメラを作る」があります
create solid and camera, create null and camera
71 「テキスト」を選びます I’m going to choose text
72 テキストを選択して go ahead and select my text
73 文字を変更します modify the text
74 サイズを縮小します let’s go ahead and… scale this down
75 少しX軸の角度を調整します and ~~ slightly modified our x-rotation
76 このように like this
77 もう少し縮小します scale it down little bit more
78 このように like that
79 わかるでしょうか and now you can see as I move through,
80 車の幌に取り付けられました it’s attached to the hood of the car
81 角度も合っています it’s maintaining perspective
82 完成版を見てください and take a look at the final version
83 今まではきちんとしたものにするために
時間がかかる作業でした
again this is the process that previously took a lot of time to do and a lot of time to make it look good, make it look convincing
84 3Dカメラトラッカー機能を使うと
右クリックで簡単にできます
now with a new 3D camera tracker, it’s simple right click operation
85 ビデオを解析して3Dトラッカーポイントを作り
カメラを作ります
tracks the motion on your 2D footage, creates 3D tracker points, creates the camera
86 リアルなものを即座に作る環境が
整います
and allows you to create something look very realistic very very quickly
87 次に紹介したいのは
イラストレーターとの連携機能です
and the next thing that I want to cover deals with Illustrator integration and it’s long been a process when working with illustrator files within after effects
88 簡単な変更を加えるのにもイラストレーターに
戻らなくてはなりませんでしたが
that you had to go back to illustrator, to make even basic changes things like fill and stroke width
89 それらがアフターエフェクト上で
できるようになりました
but now you can do this all inside of after effects, without ever leaving the app
90 ここにホットウィールロゴがあります so you’ll see here there have this basic hot wheels logo in here
91 aiファイルを右クリックして
「ベクターレイヤーから作成する」を選ぶと
if I right click on my AI file and going to choose to create shapes from vector layer
92 塗りの変更などが
できるようになります
so once I do that now, when you look up inside here you’ll see we have the ability to modify the fill
93 塗りを変更できます so again we can modify the fill if you want
94 キャンセルすることもできます let’s go ahead and cancellerate that
95 線を変更する事もできます we can modify the stroke
96 線の幅を変更できました we can modify the stroke width, okay that’s all cool
97 これをグラブすると、どうでしょう? but you will notice when I grab that, what do we now see?
98 アンカーポイントです oh, anchor points
99 アフターエフェクト上で直接
形を編集できるのです
you can actually grab the vertices now and modify this illustrator file directly inside of after effects without even going to illustrator
100 これは大幅な時間の節約です this is cool and incredible time saver
101 よく慣れた作業ができてしまうのです and again just allows you to work in a way that you’re very familiar with
102 しかもアフターエフェクト上でです but you can now do all of this directly inside of after effects
103 次にお話しするのは
テキストや形状の押し出しです
now the next thing I want to talk about is working with extruded texts and shapes
104 良い例をお見せしましょう we’re going to use the same basic example here to cover that
105 イラストレーターファイルに3D回転を
加えてみましょう
so once again we have this, ah this illustrator file here gonna twirl this down and we’re going to turn on 3D here
106 変形オプションを見てみます and it’s going to some of the transform options
107 X軸の回転を調整します
スクロールするとカメラやライトの設定も見えます
and we’re just going to modify the X-rotation, you can see now if we also scroll down that I’ve got a camera and some lights applied here
108 XY軸を調整するとライトの効果もわかります so as I modify the X and Y you can see there it’s been modified by the lights that are applied
109 こんな風に something like this
110 次にジオメトリーオプションを開いてみましょう now we can go down to a geometry options and twirl this down
111 ベベルなどを加えたり、テキストを押し出したりできます and we can add something like a bevel, we can begin to actually extrude this text
112 コンケーブなどをいじってみましょう let’s go it down to something like concave
113 ベベルを大きくしましょう let’s increase the bevel depth
114 こんな風に something like that
115 押し出しも大きくします increase the extrusion depth
116 素晴らしい事に、再び線の太さを見てみると what’s also cool about this, you notice is come over here to the stroke width
117 まだ編集可能です it’s still editable
118 驚くべきパワーと柔軟性です so incredible power, incredible flexibility here
119 これだけじゃありません but here’s the coolest thing
120 「レイトレース3Dレンダーエンジン」
というものがあります
we have something new called the ray trace 3D render engine
121 以前の「スキャンラインレンダーエンジン」
に似たものです
now if you’re familiar with using the previous scan line render engine
122 あれも柔軟でしたが、写真のようなシャドウや
深度調整、ぼかし、光の調整をしたいならば
you had a lot of flexibility there, but if you want to create truly photo realistic soft shadow Continue reading